2017.01.11 Wed

Androidでスクリーンショットを素早く撮る!

スクリーンショットって便利な機能ですよねぇ。

ですがAndroidは、瞬間的なスクリーンショットが非常にしづらいという難点が。

ボリュームボタンと電源ボタンの長押しがやり方としては多いんですけれど、何で両方とも横にあるのかなぁ、やりにくいなぁ、っていうのが本音です。

特にゲームなんかしてたりするとタイミングも合わないし、もう最悪です…。

また、よくあるパターンは電源ボタンを長押しすればスクリーンショットを選択できたりしますね。

ただ、これもとてつもなく手間なんです!

ということで僕が使用しているのはこちらのアプリ。

アプリ内の言語は英語なので敬遠しがちですが、そこまで難しい単語はないので扱いやすいと思います。

それでは設定していきましょう!

All in one Gestures

まずアプリを起動して写真の撮影と動画の記録を許可しますか?等の質問が3つほど出てくるのですべて許可

その後すぐにでてくるシステム設定の書き込みも許可をします。

アプリを起動すると上からHARD KEYSSWIPESTATUS BARとあります。

ただ、スクリーンショットを早くしやすいのはボタンを押すかスワイプすることだと思うので、まずはSWIPEを例えに設定していきます。

Enableにチェックを入れるのですが、下に「You need to enable…」と出てきます。

ざっくり言うと、これはユーザー補助にこのアプリを許可してくださいということです。

文字のところをタップするとユーザー補助の設定へ移動するのでAll in One Gesturesを探して、OFFからONに設定してください。

ONにチェックを入れようとするとこのように出ますが、こちらもOKをしてください。

ONにした後、Enableにチェックが入れられます。

細かな設定

上下左右、または四角から選択できるので好きなところを選択してください。

ここでは右からスワイプして撮影したいのでRight Areaにチェックをいれます。

設定画面がでてきました。

ActionShortcutApplicationがあるのでいろいろと設定できます。

かなり便利ですね。

もちろんここからアプリケーションなどを選択したら起動ができます。

好きな動作を選択すれば良いのですが今回やりたいことは、

スクリーンショットですので!

Screen Shotを選択しましょう!

ここまでで簡単な設定は終わりです。

試しに横に出ている白いほわっとした部分からスワイプしてみましょう。

もしも「All in one Gesturesで画面に表示されている…」と表示されたら、次回から表示しないにチェックを入れて、今すぐ開始をします。

設定後は、サクッとスクリーンショットができます。

それでは、より使いやすいように細かな設定をしていきましょう。

左上の三本線(ハンバーガー)メニューからPersonalizationを選択。

一番上のEdge Preference(エッジの選択)を設定します。

色々といじってもらうと、あぁなるほど、となると思いますが、自分の好みで透明度や大きさを変更しましょう。

  • 設定内容
  • Opacity(透明度): 30%(濃すぎると撮影した際に目立ちすぎてしまうため)
  • Edge Sensitivity(感度): 50px(大きすぎると他のアプリに干渉しやすい)
  • Edge Width(幅): 10%(指の大きさと等しいくらい)
  • Vertical Offset(縦の位置): 50%(一番下に設置)

形状が変化していくのか目に見えるので設定しやすいと思います。

以上でスワイプで撮影方法の設定は終了です。

ただ、iPhoneみたいに素早くするなら、

やっぱりボタンでしょ。撮影するなら今でしょ?

なんて言われそうなので、ボタンでの設定も。

ボタンの設定方法

まずは、HARD KEYSに移動します。

左下のプラスボタンを選択します。

ボタンの種類がいくつか出てきました。

素早く撮影するならよく使うバックボタン!となりそうなので、Back(Soft Key)を選択。

※スマホのデザインによってバックボタンは変更してください。

追加されたことを確認したらLong Pressにチェックを入れ、起動させたいものを設定してください。

細部までは設定する必要はないのでこれで設定完了です。

ボタンの場合はかなり楽ですね。

このアプリを使えばすぐに他のアプリを起動できたり、複数使えばホーム画面がごちゃごちゃせずに済みますよ。

Popular Posts人気